LIBEST GALLERY 創 リベストギャラリー
リベストHomePage ギャラリーTop 今月のご案内 過去の開催 ご案内 展示スペースのご案内 リンク 創ブログ
リベストギャラリー創ブログ
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  


大きな地図で見る
最近のブログ記事
2017年07月27日(木)
2017年07月20日(木)
2017年07月13日(木)
2017年07月06日(木)
2017年06月29日(木)
2017年06月22日(木)
2017年06月15日(木)
2017年06月08日(木)
2017年06月01日(木)
2017年05月25日(木)
カテゴリー一覧


写真をクリックすると拡大表示します
安藤満津枝展

 今年の6月初めに個展をされた澤田重人さんのご紹介で今回の個展が決まりました。先日個展をされた、のはらいちろう氏もお仲間です。


 作品が展示された画廊に入ると、なんか不思議な世界が広がっています。
お使いの絵の具はアクリル絵の具、水性クレヨンなどで、描かれた作品は
コラージュだったり、額無しの小さな絵だったり。


 安藤さんは2011年3月に久しぶりの個展を銀座でなさることになっていて
3月11日の地震にあわれました。個展は22日からでしたのですが、あの時期
皆んな遠くには出控える傾向にあり、街灯以外まったく灯りのない銀座通りを
経験され、歩いている人もほとんどなかったそうです。


 地震はかなり安藤さんに影響を及ぼしたようで、今回展示されている
作品の幾つかは地震後に自然に心に湧き上がってきたものを描かれたよう
です。また、民話に想を得た作品もございます。タイトルから推測でき
ますので民話を想像してみてください。


 この展示会は8月2日(水)まで開催いたします。


吉祥寺のギャラリー・貸し画廊 リベストギャラリー創ブログ
2017年07月27日(木) No.633 (展示会情報)

[美のつぼみ」展

 清水健太郎先生の指導のもと、絵を楽しんでいらっしゃる 吉祥寺アート
グループ「美のつぼみ」展です。「地道な積み重ねと、試行錯誤の種がやがて
実を結び、8名それぞれの個性豊かな表現の花を咲かせる場になれば と
思います。」と清水先生はおっしゃっています。


 会場には、木山サタさん、木下勤さん、小島理枝さん、小林治重さん、
園田潤さん、高野千代子さん、龍野麻子さん、山崎尚子さん、の8名の方の作品が並んでいます。


 水彩、油彩、コラージュ、半立体、ミクストメディア などなど
様々な手法で描かれた作品がございます。いろいろな世界を
お楽しみください。


 美のつぼみ展は7月26日(水)まで開催いたします。


吉祥寺のギャラリー・貸し画廊 リベストギャラリー創ブログ
2017年07月20日(木) No.632 (展示会情報)

長嶺啓介水彩画展

 DMの絵は、なんとも涼し気な段々に落ちている滝! 今日のように
暑い日には見ているだけで少し涼しさが感じられるのではないでしょうか?
リベストギャラリー創では、初めての作家、長嶺啓介さんは
風景と花の絵を主に描いていらっしゃいます。


 国内の風景、海外の風景、花の絵、の3つのジャンルの絵が、それぞれの
グループごとに展示されています。


 花の絵のバックには夢のような虹色の世界が広がっています。水彩なので
上から塗り重ねることはないでしょうと思い、お尋ねしたところ、花の部分を
残してバックをまず塗っていらっしゃるそうです。本当に美しいバックです。


 風景は国内とフランス、イギリスの絵で、車窓から見ての風景はその
スピード感まで伝わってきます。遠くの方の豆粒、いやそれ以上に小さい
羊たち、ロワール地方の牛たちも存在感があります。


 どこも長嶺さんがいらした場所で、描きたいと思われたところ。写真に
とっていらして帰ってからかかれているようです。


 透明水彩の難しさ、白を残す手法など、興味深いお話をたくさん
聞かせてくださいました。先生は毎日在廊してくださいますので
どうぞいろいろなことをお話してみてください。


 長嶺啓介展は7月19日(水)まで開催いたします。

 


吉祥寺のギャラリー・貸し画廊 リベストギャラリー創ブログ
2017年07月13日(木) No.631 (展示会情報)

凛の布展

 アジアの手仕事に魅せられて・・・というタイトルの副題からも
お分かりのように、日本のアイディアとアジアのものが、上手に響き合って
素敵な作品が出来上がっています。


 これらの物を扱っていらっしゃる会社「凛」でこのようなバッグ、
日傘、ショール、扇子、をメインのものとして15年ほどになられるそうです。


 もともとこのお話を持ってきてくださった武藤さんは、学生時代から
お父様と何度もタイを訪れていらして、タイが大好きでいらっしゃいます。
大学でもタイ語を学ばれて1年半ほど留学もされたそうです。


 呉服店だった「凛」に新しい風を、とのお考えで、藤はタイ、布はインド、取っ手は香港、このように色々な国の合作となっています。


 藤のバッグは使えば使うほど艶が出てきて美しいそうです。夏の
装いにピッタリ。藤と布のコンビもとてもおしゃれだと思います。


 シルクの日傘は、なんとUVカットの効果が95%位あるとか!
おしゃれなだけじゃなくてすごいすぐれものなんですね。ミニ情報として、
インドの蚕は桑の葉じゃなくて沙羅の葉を食べているそうです。


 一つ日本のそれも武藤さんの故郷の会津の「からむし織」も展示して
ございます。福島県指定の重要無形文化財だそうです。


 凛の布展は、7月12日(水)まで開催いたします。




 


吉祥寺のギャラリー・貸し画廊 リベストギャラリー創ブログ
2017年07月06日(木) No.630 (展示会情報)

野原一郎展

 最近の展示ではあまりお目に掛かれない、ビッグサイズの抽象絵画です。
元気の出るような色、赤、黄、緑、青などで埋め尽くされています。


 野原さんは、「日常の中で起こっているイメージを色と形を使い
抽象絵画の中に表現しています。何かを描いたという具体的なイメージや形が
あるわけではなく、見る人が絵画の正面に立った時に、それぞれの感じた
イメージを体現してもらえたら幸いです。」とおっしゃっています。


 はじめは具象画も描いていらして、風景画といっても山や海でなく
街中などだそうです。でも今はこのような抽象画ばかりを描いていらっしゃるそうです。


 絵の具も油彩からアクリル。そしてまた油にもどったり。今は乾きの早いアクリルを使われているそうです。薄く何度も塗り重ねよく見ると下の色も
見えてきます。


 会場で目に飛び込んでくる、大迫力 150号の絵はついこの間まで
金沢の21世紀美術館に展示されていた作品だそうです。


 大きな絵にはさまれた真中に飾られている小さな絵の愛らしいこと!
私は個人的にミニチュアサイズのものに弱く、この小さな絵にハートを
鷲づかみされてしまいました。


 野原一郎展は7月5日(水)まで開催いたします。
 皆さまのお越しをお待ちしております。




吉祥寺のギャラリー・貸し画廊 リベストギャラリー創ブログ
2017年06月29日(木) No.629 (展示会情報)

皸聰叩仝津検^惰淕遏終鈴

 毎年欠かさずこの時期に吉祥寺での開催を続けていらした皸聰辰気鵑
テーマ「安曇野」としての個展は今回が最後となります。


 安曇野・終鈴 というタイトルも重く、淋しく、終わりを感じさせます。
今回は、珍しく、ピエロや海の絵もございます。素敵な黄色のレモンも
素晴らしい。桜の作品もいくつかございますが、春の喜び、勢い、そして
力強い生命力が感じとれます。


 「続ける」って大変なことですよね。それも40年も。高井先生は
現場主義でいらっしゃるので、天候が多少悪くても、寒くても、暑くても
その場で描き上げていらっしゃいます。奥さまの佐和子さんがよきパートナー。イーゼルを押さえて風と闘ったりなさっています。


 私は先生の描かれる「海」「ピエロ」を見るのは初めてです。ピエロの
カラフルな衣裳と落ち着いたシックな背景の赤。対照的な靴のグリーン、
その下の玉のグリーンも合っていますね。


 今回で皸聰壇犬箸靴討蓮59回目となるそうです。そして、吉祥寺での
個展は40回目。ほとんどの個展に安曇野の絵が飾られていました。来年は
皸罎管弸福金婚式だそうです!!


 来月下旬からお二人でイタリアに行かれるそうです。お城に滞在される
ようです。羨ましい・・・お土産話を楽しみにしていましょう。


 皸聰壇犬蓮6月28日(水)まで、開催いたします。


吉祥寺のギャラリー・貸し画廊 リベストギャラリー創ブログ
2017年06月22日(木) No.628 (展示会情報)

ガラス3人展

 星野環さん、三留舞さん、山崎友香さんの3人によるガラス3人展。星野さん
以外のお二人は、リベストギャラリーでは初めての展示となります。


 星野さんは4回目。相変わらず素敵な作品がいっぱいです。この3人での
展示会は初めてのようですが、3人共ご出身が女子美ということもあって
息もぴったりです。


 作品の色のトーンや雰囲気がよく合っていて、今のこの季節にピッタリ。
私が数年前に購入したハート型の酒器、今回も同じタイプのものが
ならんでいます。私はわがままを言って、グラス2個とハート型の酒器の
セットを、グラスなしで買わせていただき、ハートの器には、もっぱら
さくらんぼとかイチゴなどを盛っています。テンションあがりますよ〜。 


 風鈴もすてきです。お気に召すものを探しに、いらしてください。手に
取って、風鈴の音も聞いてみて、グラスやコップも実際持ってみて
くらべてみて、ご自分に合うものを見つけてください。


 このガラス3人展は、来週 21日(水)まで開催いたします。(21日は
4時までですので、ご注意ください。)


吉祥寺のギャラリー・貸し画廊 リベストギャラリー創ブログ
2017年06月15日(木) No.627 (展示会情報)

澤田重人展

 今日から始まりました澤田展。ず〜っと以前に澤田俊一さんという作家さんが創にて個展を開いてくださっているのですが、その息子さんにあたるのが
重人さんです。


 店長の私が勤め始めたのが、2000年なのですが、それよりさかのぼること
3年、1997年になさったという記録がございました。ですから勿論私は
お父様とは面識がございません。


 その澤田さんと現在の創を結びつけたのは、今年になってから創の
スタッフとなった池田さんのおかげなのです。池田さんはフルート奏者で
画廊の仕事のない日はフルートを演奏したり、教えたりしていらっしゃいます。澤田重人さんの兄嫁さんが池田さんの先輩にあたるそうで、ご紹介いただきました。


 お姉さまがピアノ、お兄さまがフルートを演奏され、もう音楽家はいいだろうと重人さんは、深大寺の方で、焼き物のお仕事をされたり、絵を描かれたり
だったようです。


 絵も焼き物も独特の特徴のある人物が描かれていて、なかなか面白い
世界が広がっています。


 壁に飾られているお面も興味深い世界となっていますよ。
箸おきなどの小物もございますので、手にとってご覧ください。


 澤田重人展は6月14日(水)まで開催いたします。


吉祥寺のギャラリー・貸し画廊 リベストギャラリー創ブログ
2017年06月08日(木) No.626 (展示会情報)

井上陽介展

 2004年に初めてリベストギャラリー創にて個展をしていただき、今回で
13回目となります。


 もともとは、私が銀座で初めての個展をされていた井上展を偶然のぞいた
のがきっかけでした。アラジンのランプのような素敵なティポットや
アクセサリーを拝見し、是非リベストギャラリーでも個展を、と
お誘いしたのです。ちょうどキャンセルがあって、先生のご都合もついた
ので実現した、第1回目が大盛況で社長も大喜び。以後毎年お願いすることに
なったのです。


 今回の展示では、色が持つ力を意識して作られた作品が多く、またこれからの季節に向けて、清涼感のあるデザインのものがメインとなっています。


 アクセサリーは見ただけでは、よくわかりません。どうぞどんどん
つけてみてください。きっとお似合いのものと出会えると思います。


 また、このビールの美味しいこの季節、ビアグラスも充実しています。
ビールの泡が細かく、より美味しく感じられるようですよ。


 井上陽介展は、6月7日(水)まで開催いたします。
 皆さまのお越しをお待ちしております。


 


吉祥寺のギャラリー・貸し画廊 リベストギャラリー創ブログ
2017年06月01日(木) No.625 (展示会情報)

育英3PA作品展

 写真家として有名な鈴木正義さんと同い年のお仲間、13人による
育英3PA作品展。てっきり写真展だと思っておりましたが、なんといろいろな
分野の作品が並びました。皆さん、酉年生まれの○○才ですって。


 パッチワークの栗原桜子さん、30枚以上のベッドカバーを今までに
つくられたとか。何度か本場アメリカにもおいでになっていらっしゃいます。
お教室を開いていらっしゃるので、ご興味をお持ちになったら、どうぞ
習いにいらしてください。ここからお近いようですよ。


 板に水彩画を描いていらっしゃるのは、入谷弘さん。木目を生かした
独特の描き方で見ごたえがあります。


 今もアメリカにお住まいで、アメリカの切手シートをコレクションされ
てる大橋さん。オードリー ヘップバーンやマリリン モンロー 
ジェームス ディーン やルーシー など、70歳前後の方々にはそれは
それは懐かしいスターの切手シートがご覧になれますよ。ご希望の方には
販売もあるそうです。


 鈴木さんは井の頭公園の四季などたくさんの写真を展示されていますが、
象のハナコにぜひ会いにいらしてください。


 13人13様のこの展覧会、本日より月末31日(水)まで開催いたします。
50年前に青春時代を送った方、どうぞお集りください。 


吉祥寺のギャラリー・貸し画廊 リベストギャラリー創ブログ
2017年05月25日(木) No.624 (展示会情報)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7][8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60]
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2018年 /
01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2017年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2016年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2015年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2014年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2013年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2011年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2010年 / 01月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------