LIBEST GALLERY 創 リベストギャラリー
リベストHomePage ギャラリーTop 今月のご案内 過去の開催 ご案内 展示スペースのご案内 リンク 創ブログ
リベストギャラリー創ブログ
<< 2017年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        


大きな地図で見る
最近のブログ記事
2017年01月19日(木)
2017年01月12日(木)
2016年12月23日(金)
2016年12月15日(木)
2016年12月08日(木)
2016年12月02日(金)
2016年11月19日(土)
2016年11月11日(金)
2016年11月05日(土)
2016年10月27日(木)
カテゴリー一覧


RSS
写真をクリックすると拡大表示します
武藤挺一・小岩井カリナ展

本日から始まりました、
武藤挺一さんと小岩井カリナさんの展示です。
武藤先生はリベストギャラリーでは、毎年同じ時期に
展示をさせていただいております。
今回は上田紬という江戸時代より“日本三大紬”と言われる、
手織りの作品の作家さん、小岩井カリナさんとの
初めての二人展です。

味わいのある色や線が独特な世界を持つ、武藤作品と
繊細な紬の色合いでギャラリーが素敵な空間となっております。

是非この機会に
作品をご覧になってください。



吉祥寺のギャラリー・貸し画廊 リベストギャラリー創ブログ
2017年01月19日(木) No.604 (展示会情報)

フィレンツェ展 始まる

 昨日までの干支展からフィレンツェ展へ。昨日搬出、搬入・展示作業と
スタッフ一同、専務の指揮のもと頑張りました。


 フィレンツェ展といっても、よくおわかりにならない方の方が多いと
思います。昨年このリベストギャラリー創は、創立25年を迎え、それを
記念して秋にイタリア フィレンツェの画廊で展覧会を開いたのです。


 その時に展示した作品を、今度は日本の皆さまにご覧いただく為に
こんな企画をいたしました。フィレンツェ在住の作家さんにもお声をかけ、
お二人ほど参加していただいております。


 干支展同様、いろいろなジャンルの作品が集まっていますので、絵や
書、版画、刺繍といった平面ばかりでなく、陶器、ガラス、彫金、バッグや
服なども展示されております。イタリアでも漫画、アニメがはやっているので
そういった分野のものもございます。


 この展示は17日(火)まで開催いたします。18日は壁紙の張り替えの
ため、休廊させていただきますので、お間違えのないように。

 


吉祥寺のギャラリー・貸し画廊 リベストギャラリー創ブログ
2017年01月12日(木) No.603 (展示会情報)

干支の酉展

早いもので今年最後の展示となりました。
皆さまには、ご愛顧いただき本当にありがとうございました。

リベストギャラリー創の企画展で年末恒例となりました、
干支の酉展です。

今年は、60名の作家さんのご賛同を得、
平面も立体もたくさんの作品が並びました。
それぞれの作家さんが描く干支の酉は必見です。

皆さまお揃いで縁起ものの干支の置物など
お正月飾りを選びにいらっしゃいませんか。


冬季休業は、12/29(木)〜1/4(水)までです。
年が明けて、1/5日(木)〜11日(水)も引き続き干支展を開催致します。
どうぞよろしくお願いいたします。


吉祥寺のギャラリー・貸し画廊 リベストギャラリー創ブログ
2016年12月23日(金) No.602 (展示会情報)

翁長優 作陶展

 リベストギャラリー創ではすっかりお馴染みの翁長さんの個展です。最近
続いているかわいい動物シリーズ、今回も見られますよ。


 ダチョウやキリン、ワニやゾウ。猫や犬は笑っている顔がなんとも言えません。サイやアルパカもいます。ぜひ見にいらして、動物たちに癒されて下さい。


 ブルーが目立つのですが、トルコブルーで、花瓶など斜めに立ってるのも
不思議で目をひきます。スープカップ、魚にも見えるような鳥の形のお皿や
鉢など早速今夜の食卓に並べられそう・・・


 DMにもある作品もじっくりとご覧になれます。大作でどっしりと
存在感たっぷりです。


 その他、黒っぽい花器に赤いグロリオサが生けてありますが、色も合っていて素敵だし、壁に映る影もまたステキです。


 翁長優展は来週21日(水)まで開催いたします。新年用の食器など
見にいらしてください。お茶碗一つで気分も変わってよいものです。
皆さまのお越しをお待ちしております。


吉祥寺のギャラリー・貸し画廊 リベストギャラリー創ブログ
2016年12月15日(木) No.601 (展示会情報)

水彩花譜展

 6回目となります、石塚一男先生のお教室の発表会が、本日より
始まりました。遠藤雅宏さん、大柿圭子さん、岡澤京さん、桂田紀子さん、
小林幸子さん、佐藤満さん、の6名の方の作品と賛助作品として石塚先生の
作品も2点、展示されています。


 先ほど、大柿さん、小林さんとお話ししていて、この画廊は本当に
いい場所にあるわね と言われました。日頃からもちろん私もそのように
思っておりますが、大柿さんは2000年にこの画廊の前を歩いていらっしゃる時に石塚先生の作品をご覧になって、入っていらして、是非この先生に
教えていただきたい!と思われて、お稽古を始められ、現在に至って
いらっしゃるそうです。(2000年と言えば16年前、私がこのお仕事と出会った年でもあります。)


 描いているうちに、たとえ1分でも花って変化するそうです。向きを
変えたり、動くそうです。石塚先生は、いいんだよ。動いたのを描けば・・
とおっしゃるそうですが、そこが難しいところだと。


 根まで描かれる植物画とは少し違って、それらが学術的とすると、
もう少し絵的というか、芸術的な感じがいたします。バックを描かず、
花瓶や鉢も描かず、植物だけを描き、すっきりと潔い印象です。


 この水彩花譜展は、12月14日(水)まで開催いたします。


吉祥寺のギャラリー・貸し画廊 リベストギャラリー創ブログ
2016年12月08日(木) No.600 (展示会情報)

ViTRAiL MALiCO ステンドグラスパネル展

ViTRAiL MALiCO ステンドグラスパネル展

3年ぶりの工房展です。
過去1年おきに開いてきました。
数えてみますと今回は12回目になります。
そして、ここ数回は工房に近いリベストギャラリー創で展示を開催してます。

自由な制作の他に共通のテーマにとりくみました。
テーマコーナーをご期待ください。
メンバーが少しずつ変わってはいますが、
皆作業が大好きです。
加えて今回は特別に3人の聴講生(勉強中)の作品も展示できました。

ステンドグラスは制作工程にかなり時間がかかります。
専用の絵の具をなんども塗り重ねて 焼いて色を定着させます。
陰影をだしつつ透明感をだす作業はとても大変です。

光を透して…美しい作品の数々をぜひご覧ください。


ViTRAiL MALiCO ステンドグラスパネル展は、
12月2日(金)〜7日(水)までです。
営業時間は、12:00〜18:00(最終日は17:00まで)


吉祥寺のギャラリー・貸し画廊 リベストギャラリー創ブログ
2016年12月02日(金) No.599 (展示会情報)

南部好佑展

 作品はアクリル画ですが、一見すると織物のようにもみえてしまう、変わった質感を感じさせる作品がならんでいます。絵の大きさは4〜5種類ありますが、色は ピンク
深い青 1点だけ黄色。


 じーっと見つめていると絵の中から立体が浮かび上がってくる絵。それにも少し
見えてきました。もちろん立体は見えて来ないのですけどね


 南部先生にお聞きしたら 右から左へと文字が書かれているんですって。
そう言われて見るとそのようにも見える。何枚もの作品を同時進行で描き進めて
いらっしゃるので、だいたい1年くらい完成までには要するそうです。


 「文字って英語ですか?」と伺うと「めちゃくちゃ語ですよ。」と。
 お茶目な南部先生です。



 南部好佑展は11月23日(水)まで開催いたします。


吉祥寺のギャラリー・貸し画廊 リベストギャラリー創ブログ
2016年11月19日(土) No.598 (展示会情報)

高橋勝喜絵画展

ロンちゃんの愛称でお馴染みの高橋勝喜個展です。

今年もまた、不思議な白鳥少女が発展して描かれています。
ボールペンを自由自在に滑らした流線が
美しい絵画になっています。

お仲間がたくさん集まり、
楽しいおしゃべりが続いています。

ぜひ、ロンちゃんワールドに遊びに来て下さい。


会期は、11月11日(金)〜11月16日(水)までです。
    12:00〜18:00
   (最終日は、16:30まで)


吉祥寺のギャラリー・貸し画廊 リベストギャラリー創ブログ
2016年11月11日(金) No.597 (展示会情報)

平成28年11月4日発行の週刊きちじょうじにて「手塚治虫文化祭 キチムシ’16」が紹介されました

平成28年11月4日発行の週刊きちじょうじにてリベストギャラリー創にて11月3日より開催の「手塚治虫文化祭 キチムシ’16」が紹介されました。

吉祥寺のギャラリー・貸し画廊 リベストギャラリー創ブログ
2016年11月05日(土) No.596 (展示会情報)

旅人の手仕事展

 本日より始まりました 木下裕一さんと中村宗次郎さんのお二人による
種子島焼締〆陶 とアンティークとんぼ玉の展覧会。


 お二人は同郷(熊本)で、旅好きという共通点もあるそうです。木下さんは30歳を前にそれまで大好きなサーフィンで世界中を旅していらっしゃいましたが、外から見て日本の良さも大いに感じ、何か自分の手で作り出したい!と
強く思われたそうです。


 そこで選んだのが陶芸。ゼロからスタートするには年をとってしまったと
まわりもご自分も思われたそうですが、やはりどうしてもやりたくて、この道を選ばれたそうです。それからもう早20年。種子島に住んで、今でも
サーフィンをしながら、焼き物も作っていらっしゃるとのこと。


 一方の中村さんは、24年くらい前にネパールで出会ったトンボ玉に魅せられ
その魅力にすっかり捕らわれてしまいタイ、ベトナム、ミャンマー、インドネシア、などなど。いろんな国をまわって、アンティークのトンボ玉を集め、
彫金に技術で、素敵なネックレスやピアスなど色々なアクセサリーを作って
いらっしゃいます。どれも世界に一つしかない物ばかりですよ。


 木下さんの種子島焼〆作品と中村さんのトンボ玉アクセサリーの展示は
来週11月2日(水)まで開催いたします。どうぞお手にとってゆっくりご覧ください。


吉祥寺のギャラリー・貸し画廊 リベストギャラリー創ブログ
2016年10月27日(木) No.595 (展示会情報)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2017年 /
01月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2016年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2015年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2014年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2013年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2011年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2010年 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------