LIBEST GALLERY 創 リベストギャラリー
リベストHomePage ギャラリーTop 今月のご案内 過去の開催 ご案内 展示スペースのご案内 リンク 創ブログ
リベストギャラリー創ブログ
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


大きな地図で見る
最近のブログ記事
2019年11月14日(木)
2019年11月07日(木)

写真をクリックすると拡大表示します
高橋勝喜展

 毎年11月のこの時期にこの画廊にて開かれます高橋勝喜展。お馴染みの
ボールペン画に加え、今年は新しい試みが見られます。


 まず、紙が違います。今まで使ったことのない 和紙、金や銀の散って
いるのもございます。これは、スペインに帰られたご友人がよかったら
使って、と置いていった物だそうです。

 
 和紙にボールペンでなく、墨で描いた後、色を入れるようです。その
描かれているものが、なんと100以上も持っていらっしゃるという
盆栽の鉢です。


 長いお付き合いをしているつもりでしtが、私の知っているロンちゃんは
ほんの一部なんですね。盆栽というご趣味があったなんて全然
知りませんでした。


 いつもの、「白鳥になった夢をみている少女」シリーズももちろん
お待ちしています。


 この展示は11月20日(水)まで開催いたします。


吉祥寺のギャラリー・貸し画廊 リベストギャラリー創ブログ
2019年11月14日(木) No.747 (展示会情報)

鳴尾朱家の造形展〜よみがえる過去・明日への贈り物検

11月7日(木)から13日(水)までは、
鳴尾朱家の造形展〜よみがえる過去・明日への贈り物検舛任后

鳴尾朱家さんの非常に独創的な、「着るアート」とも言うべき服飾展です。
1987年から東京、大阪、京都、鎌倉、そしてフィラデルフィア、ニューヨークでも発表されてきました。
フィラデルフィア美術館アートクラフトショーで出展された経験もおありです。

当ギャラリーでの個展は今年で4回目となります。

作品は「昭和初期の着物の布を正バイヤス(斜めぎれ)にして使った着易く体になじむものや、独特の染布や絹・麻などの素材を多様に組み合わせたアート性のある造形服」と説明されますが、とにかくその手の込み様には圧倒されますし、色彩も造形も美しくて目をみはるものばかりです。
その他、リュックや帽子も展示しております。

本日もオープン早々、お客様が手に取って、着て、楽しんでいらっしゃいます。

また、朱家さんの旧知のご友人で画家の小野絵里氏の版画5点も同時に展示されています。

どうぞご来場いただき、試着したり、手に取って楽しんでくださいませ。

12時〜18時までオープンしております。最終日13日は17時までです。


吉祥寺のギャラリー・貸し画廊 リベストギャラリー創ブログ
2019年11月07日(木) No.746 (展示会情報)