LIBEST GALLERY 創 リベストギャラリー
リベストHomePage ギャラリーTop 今月のご案内 過去の開催 ご案内 展示スペースのご案内 リンク 創ブログ
リベストギャラリー創ブログ
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          


大きな地図で見る
最近のブログ記事
2017年07月20日(木)
2017年07月13日(木)
2017年07月06日(木)

写真をクリックすると拡大表示します
[美のつぼみ」展

 清水健太郎先生の指導のもと、絵を楽しんでいらっしゃる 吉祥寺アート
グループ「美のつぼみ」展です。「地道な積み重ねと、試行錯誤の種がやがて
実を結び、8名それぞれの個性豊かな表現の花を咲かせる場になれば と
思います。」と清水先生はおっしゃっています。


 会場には、木山サタさん、木下勤さん、小島理枝さん、小林治重さん、
園田潤さん、高野千代子さん、龍野麻子さん、山崎尚子さん、の8名の方の作品が並んでいます。


 水彩、油彩、コラージュ、半立体、ミクストメディア などなど
様々な手法で描かれた作品がございます。いろいろな世界を
お楽しみください。


 美のつぼみ展は7月26日(水)まで開催いたします。


吉祥寺のギャラリー・貸し画廊 リベストギャラリー創ブログ
2017年07月20日(木) No.632 (展示会情報)

長嶺啓介水彩画展

 DMの絵は、なんとも涼し気な段々に落ちている滝! 今日のように
暑い日には見ているだけで少し涼しさが感じられるのではないでしょうか?
リベストギャラリー創では、初めての作家、長嶺啓介さんは
風景と花の絵を主に描いていらっしゃいます。


 国内の風景、海外の風景、花の絵、の3つのジャンルの絵が、それぞれの
グループごとに展示されています。


 花の絵のバックには夢のような虹色の世界が広がっています。水彩なので
上から塗り重ねることはないでしょうと思い、お尋ねしたところ、花の部分を
残してバックをまず塗っていらっしゃるそうです。本当に美しいバックです。


 風景は国内とフランス、イギリスの絵で、車窓から見ての風景はその
スピード感まで伝わってきます。遠くの方の豆粒、いやそれ以上に小さい
羊たち、ロワール地方の牛たちも存在感があります。


 どこも長嶺さんがいらした場所で、描きたいと思われたところ。写真に
とっていらして帰ってからかかれているようです。


 透明水彩の難しさ、白を残す手法など、興味深いお話をたくさん
聞かせてくださいました。先生は毎日在廊してくださいますので
どうぞいろいろなことをお話してみてください。


 長嶺啓介展は7月19日(水)まで開催いたします。

 


吉祥寺のギャラリー・貸し画廊 リベストギャラリー創ブログ
2017年07月13日(木) No.631 (展示会情報)

凛の布展

 アジアの手仕事に魅せられて・・・というタイトルの副題からも
お分かりのように、日本のアイディアとアジアのものが、上手に響き合って
素敵な作品が出来上がっています。


 これらの物を扱っていらっしゃる会社「凛」でこのようなバッグ、
日傘、ショール、扇子、をメインのものとして15年ほどになられるそうです。


 もともとこのお話を持ってきてくださった武藤さんは、学生時代から
お父様と何度もタイを訪れていらして、タイが大好きでいらっしゃいます。
大学でもタイ語を学ばれて1年半ほど留学もされたそうです。


 呉服店だった「凛」に新しい風を、とのお考えで、藤はタイ、布はインド、取っ手は香港、このように色々な国の合作となっています。


 藤のバッグは使えば使うほど艶が出てきて美しいそうです。夏の
装いにピッタリ。藤と布のコンビもとてもおしゃれだと思います。


 シルクの日傘は、なんとUVカットの効果が95%位あるとか!
おしゃれなだけじゃなくてすごいすぐれものなんですね。ミニ情報として、
インドの蚕は桑の葉じゃなくて沙羅の葉を食べているそうです。


 一つ日本のそれも武藤さんの故郷の会津の「からむし織」も展示して
ございます。福島県指定の重要無形文化財だそうです。


 凛の布展は、7月12日(水)まで開催いたします。




 


吉祥寺のギャラリー・貸し画廊 リベストギャラリー創ブログ
2017年07月06日(木) No.630 (展示会情報)